定着率と塾

人気記事ランキング

ホーム > 事故保険 > メンタルを鍛える?

メンタルを鍛える?

私が住んでいる街では自転車の利用者が多く、普段、通勤や通学で軽快に走っている自転車を

良く見かけます。私も通勤やちょっとした買い物に行く時は自転車移動が多いです。

街の中にはアーケード街があってもちろん中は自転車は乗り入れは禁止で押して行かないといけません。看板で自転車乗り入れ禁止と掲示もしてありますし、たまに指導員の方も立っておられる事も

あります。


しかし残念な事にこれを無視してアーケード内に自転車を乗り入れる人が多く、どれだけ急いでいるのかわかりませんが、トップスピードでアーケード内を走り抜けていく姿を良く見かけます。

更に残念なのは中年ぐらいの年代の大人がドヤ顔で乗り入れて通り抜ける事。悪い事をいけないって

教えないといけない世代の人が平気で違反をやっているのです。もちろん1部の人であってちゃんと

条例を守って生活している人も居られます。


自転車と言っても人を轢いて怪我させる事もあるし、はたまた自分でこけたりの自損事故も考えられます。自転車ユーザーが多くなって来たからか、最近は自転車保険というものもあってもちろん

自分も加入しています。事故を前提にどうこうって話ではないですが、相手が無保険って迷惑な話だし、もしもの時を考えて自分は加入をしてます。

交通事故にあったときの保険金額獲得のためにこれは大事!!


最近思ったのが、こういう条例を守らない人達は、こういう自転車保険に入っているのだろうかと。

もし、自転車に追突された時に相手が無保険であるならどうなるんでしょうか…

本当想像が出来ません。


先日、アーケードを歩いていた時、若い女性の二人組が自転車でアーケード内の乗り入れていて

「メンタルを鍛えよう!」と言ってアーケードの中をトップスピードで抜けて行きました。

空いた口が塞がらなくなったのは言うまでもありません。